花粉が多くなってくる季節となってきました。よく知られているのは目や鼻の症状ですが、実は、皮膚との接触によって皮膚トラブルを起こすこともあり、「花粉症皮膚炎」と呼ばれています。春先に目や口の回り、首や腕など皮膚が出ているところが赤く腫れたようになり、痒くなるのが特徴です。

主な原因は、角質のバリア機能が低下しているためです。特にアトピー性皮膚炎の患者様のように湿疹が出ていたり、皮膚の乾燥が強い肌は荒れた角質から花粉が入り込みアレルギー反応として症状が出てきます。

予防としては、花粉が肌につかないようにする事、家に持ち込まないことです。帰宅したら家に入る前に肌の花粉を払い、なるべく早く洗い流しましょう。また、皮膚をしっかり保湿しバリア機能を回復させましょう。

治療は、ステロイド外用薬や保湿剤を塗ったり、抗アレルギー薬の内服を行ったりして、炎症を抑えます。

気になる症状があるときには、早めに受診しましょう。