現在、グラクソ・スミスクライン株式会社から、男性型脱毛症(AGA)の啓蒙活動CMに女優で歌手の、剛力彩芽さんが起用されました。webサイトはこちら

AGA治療薬には、数種類ありますが、グラクソ・スミスクライン株式会社から、平成28年6月に新薬の「ザガーロ」が発売されています。

IMG_0768

 

ザガーロとはどんな薬?

ザガーロは、グラクソ・スミスクライン株式会社が承認を得た「男性における男性型脱毛症(AGA)」の新薬です。

ザガーロの成分デュタステリドは、前立腺肥大症のために開発された薬の有効成分でしたが、その後にAGAに効果があることが分かりました。
プロペシアよりも男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」を効果的に抑制することが発見され、本来は前立腺肥大症のための薬をAGA治療薬として服用する人もいました。

2015年9月に、ついに日本でもグラクソ・スミスクライン株式会社が「ザガーロ®カプセル0.1mg」「ザガーロ®カプセル0.5mg」(一般名:デュタステリド、以下「ザガーロ®」)について、「男性における男性型脱毛症」の効能・効果で承認を得ました。
これで日本でもデュタステリドはAGAの新薬「ザガーロ」として処方が可能になりました。

 

ザガーロとプロペシアの違いについて

ザガーロとプロペシアの違い

◎ザガーロはⅠ型とⅡ型に作用
◎プロペシアはⅡ型のみに作用

AGAの原因物質である「DHT(ジヒドテストステロン)」の産生を促す酵素「5α-還元酵素(リダクターゼ)」にはⅠ型とⅡ型があります。

新薬ザガーロはこの「5α-還元酵素(リダクターゼ)」のⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑える事ができます。
これに対して、プロペシアは「5α-還元酵素(リダクターゼ)」のⅡ型のみにしか作用しません。

つまり、これまで型にしか作用しないプロペシアではあまりAGA治療で効果が得られなかった人も、ザガーロが型と型の両方の作用することによって、脱毛部位に太く長い毛の本数が増えるといった治療効果が期待できるようになりました。

新薬ザガーロは今後のAGA治療薬として期待が持てる治療薬の1つとなりました。

佐藤皮膚科でも、「ザガーロ®カプセル0.5mg」(一般名:デュタステリド、以下「ザガーロ®」)の処方が行えます。現在、治療中の方もお気軽にご相談ください。